すそわきがを解消する方法

人には言えないすそわきがの悩み。

 

彼氏との触れ合いが不安。。
中には、一度エッチしたけどそれから彼氏が誘ってくれない。。
など、体質のせいで、恋愛に影響してる方もいらっしゃるみたいです。

 

すそわきがは、汗と皮脂汚れが混じりあい、細菌や雑菌が繁殖して臭いを発生させます。

 

すそわきがとは、脇のわきがと同様の臭いがデリケートゾーンから臭うもの。すそわきがは脱毛すれば臭いが消えるのか。また、脱毛以外にどんなケアをすれば良いの分からない方の為にすそわきがを解消する方法をご説明いたします。

 

消臭に驚異的な結果も!

VIO脱毛をすれば、腋臭が軽減されるということをご存じでしょうか?
強力な悪臭を放っていた、女の子が脱毛しただけで、腋臭じゃなかったみたいに回復した。という口コミもありました。

 

欧米のセレブ達の流行した「ハイジーナ」とは、デリケートゾーンのVIOラインのムダ毛を光脱毛するやり方です。欧米の方がたは、日本人に比べて、体臭が強い人が多いので、脱毛すると、生理時の経血、おりもの、尿などの排泄物が付着しにくく、ニオイや雑菌の繁殖を防げるので、とても衛生的に保てるので人気です。そして、かゆみや臭いを解消することができます。

 

すそわきが解消

このように脱毛することにより臭いの原因となる毛穴を毛によって塞ぐためすそわきがの臭いを解消することができる。と考えられています。

 

 

 

長期間かかるけど、リーズナブルなサロン脱毛

デリケートな場所だから安心の技術力!

TBCのVIO脱毛

全国に店舗があり、パーツ毎の明確料金

TBCでは、確かな技術で、効果が高いと評判!今話題の光脱毛から、より確実に毛を生えなくする、電気脱毛を選べる数少ないサロンです。1人1人最適なプランを選んで脱毛できます。

  • あんしんのドクターサポート付
  • 自社ラボで開発された「」トリプル美肌ケア

 

 

すそわきがの塗り薬

すそわきが専用のデオドラントクリームも多く商品が販売されていますが、柿渋エキスなどの臭いを取り除き、臭いは乾燥すると皮脂は出ることにより保湿が重要となります。このデオドラントクリームは天然成分でデリケートゾーンについても安心で、臭いを抑えて快適に過ごすことができます。

 

柿渋エキスでわきが臭を97.7%カット!

すそわきが対策は「ラポマイン!」

1ミリの100万部の1のナノテク分子が毛穴に浸透。

従来のデオドラント剤では満足できない!肌のメカニズムに着目し保湿することでニオイの元となる汗、皮脂をおさえます。柿渋エキスの消臭効果をプラスしてニオイを防ぎさらさらに。 無添加処方の医薬部外品です。

  • 90日間返金保証キャンペーン開催中
  • わきの臭いに悩む人への最終手段!!

 

 

すそわきが消臭グッズ

すそわきが対策には常に清潔を保っていることが必要です。そこで、ひと工夫として、入浴剤の代わりにお湯に重曹をひとつかみ分入れてください。使用する重曹は食用または薬用に使用されるものを使います。体臭を抑えたり、皮膚の雑菌を抑える効果があります。重曹は弱アルカリ性なので、酸性のと中和され、皮脂の汚れや汗の臭い成分などを除去してくれます。

 

また、身体を洗うときはジャムウソープを使用すると良いでしょう。インドネシアの独自のハーブで作られたソープで日本人女性の肌質に合った成分で作られているので、デリケートゾーンにも安心して使うことができます。この石鹸の特徴は気になる部分を泡パックで3分ほどおくと、消臭効果が持続するという点です。

 

すそわきがは布ナプキンで対策

ちょっと意外ですが、布ナプキンで消臭の改善ができてしまいます。なぜ、布ナプキンが良いのかというと、「布ナプキン」は天然素材で出来てます。湿気はのがし、経血は逃がさい「透湿防水布」で出来ているので、ムレることなく生理中でもデリケートゾーンがサラサラとして快適に過ごせます。

 

一方、紙ナプキンはビニール素材で出来ているので、経血のモレを防ぐ防水効果もあります。紙ナプキンは化学物質で高分子吸収剤や石油成分などを原料に使用されているので、蒸れやすく、湿度が高いところには雑菌が繁殖しやすいため、時間が経つと経血と混ざることで、臭いを発生させやすくなります。

 

 

 

 

私のあまりの体臭のキツさゆえ…

いま思い出しても情けなく、みっともなくて泣きたくなるような体験ですが書かせて頂きたいと思います。

 

その当時私はある接客業に従事していました。あまり具体的に業種は書けないのですが、一店舗あたり1?3人の最低限の人員、一日12時間労働でほとんど休憩なし。いわゆるブラック企業です。

 

監視体制も厳しく特に注意を受けたのが掃除でした。

 

一番下っ端だった私は掃除や商品の在庫補充に追われ、毎日汗だくになって働いていました。家に帰ると倒れるように床につき、シャワーを軽く浴びるだけの生活が続きました。

 

さらに疲れがたまり、そのシャワーすらロクに使わなくなってしまったある日の事です。

 

仕事終わりに某激安の殿堂のお店に行くと、周りの人が自分を遠ざけているような感じがしました。最初は気のせいかとも思ったのですが、レジに並んだときにはっきり分りました。周囲は明らかに私から距離をおき、中には指をさして笑う人までいたのです。

 

いたたまれない気持ちになった私は買い物かごに入った商品を置き去りにし逃げるように店を後にしました。

 

自分の臭いに自身は鈍感になるというのはその通りで、指をさされる程の臭いを発していた自分を私はちょっと汗臭い程度のしか思っていなかったのです。

 

この体験後、私は自身の臭いを過剰に気にするようになりました。職場の同僚に尋ねると、やはり私の臭いは以前から気になっていたとのこと。

 

その後の私は転職してからもデオドラントの商品を幾つも試し、年齢が30代半ばを過ぎてからは加齢臭も気になるようになり、シャンプーは毛根の汚れも落とすという謳い文句のトニック系ばかりを使っています。

 

「自分に臭さに周りが離れていく」あの体験は強烈なトラウマになりました。

加齢臭が気になる毎日です

仕事はマンションの管理員です。窓口に各種の届け出や施設・レンタサイクルの申込などで毎日たくさんの人が来ます。小さな窓口を通して住人の方の対応をするわけですが、臭いが気になることが多いです。昨日レンタサイクルのキーを返却に来た男性はお酒の匂いがしていました。自転車の危険運転がうるさくなってきたので当然飲酒運転はダメです。

 

 次に窓口に来られた男性は駐車場の契約に来られました。話をしているとややキツい臭いがしてきました。恐らく加齢臭です。余りのキツさに少し頭を引っ込めてしまいました。朝出かける時ではなく、一日の仕事や雑用を終えた夕方だったのでそれだけのキツさだったのでしょう。

 

 加齢臭と言えば他人ごとではありません。私も十分に他人から臭いで嫌がられる年齢なのです。自分の臭いはなかなか気が付きにくいです。手軽な臭度計なるものは無いでしょうか。時々脇の下や股間などに当てて臭いのチェックができれば対策は立てられます。自分の臭いが分からずに、いきなり他人に嫌がられるのは避けたいです。